福島研究室Fukushima Laboratory

メンバー

  • 熊谷 晋一郎
    KUMAGAYA, Shinichiro
    特任講師
  • オフィス
    駒場II(先端研)3号館505号室
  • 電話番号
    03-5452-5060(内線:55060)
  • FAX番号
  • リンク
  • メッセージ
    2001年3月 東京大学医学部医学科 卒業
    2001年5月 医師国家試験 合格
    2001年6月 東京大学医学部付属病院小児科研修医 入職
    2002年5月 同 退職
    2002年6月 千葉西総合病院小児科研修医 入職
    2003年6月 同 小児科勤務医 入職
    2004年7月 同 退職
    2004年8月 埼玉医科大学病院小児心臓科 病棟助手 入職
    2005年7月 同 退職
    2005年8月 スマイルこどもクリニック 小児科勤務医 入職
    2006年4月 東京大学大学院医学系研究科生体物理医学専攻 博士課程入学
    2009年9月 同 単位取得退学
    2009年11月 東京大学先端科学技術研究センターバリアフリー分野 特任講師

    業績
    【論文】
    査読あり
    ・S. Obi, K. Yamamoto, N. Shimizu, S. Kumagaya, T. Masumura, T. Sokabe, T. Asahara, and J. Ando. “Fluid shear stress induces arterial differentiation of endothelial progenitor cells.”J. Appl. Physiol. 106: 203-211, 2009
    ・N. Shimizu, K. Yamamoto, S. Obi, S. Kumagaya, T. Masumura, Y. Shimano, K. Naruse, J. K. Yamashita, T. Igarashi, and J. Ando, “Cyclic strain induces mouse embryonic stem cell differentiation into vascular smooth muscle cells by activating PDGF receptor b” J. Appl. Physiol., 104: 766-772, 2008
    ・M. Toda, K. Yamamoto, N. Shimizu, S. Obi, S. Kumagaya, T. Igarashi, A. Kamiya, and J. Ando, “Differential gene responses in endothelial cells exposed to a combination of shear stress and cyclic stretch” J. Biotechnol., 133: 239-244, 2008
    ・K. Yamamoto, N. Shimizu, S. Obi, S. Kumagaya, Y. Taketani, A. Kamiya, and J. Ando: “Involvement of cell-surface ATP synthase in flow-induced ATP release by vascular endothelial cells.” Am. J. Physiol. Heart Circ. Physiol. 293: H1646-H1653, 2007

    査読なし
    ・熊谷晋一郎『当事者視点での福祉用具とは』リハビリテーション・エンジニアリング;26(2),54-57,2011
    ・熊谷晋一郎『傷に届く言葉~宮城演出における身体論』劇場文化2011
    ・熊谷晋一郎・綾屋紗月『痛みとアディクト』現代思想;38(14),80-96,2010
    ・熊谷晋一郎『痛みの当事者研究』現代思想;38(12), 78-87,2010
    ・熊谷晋一郎『身体との対話』文學界;64(6),304-305,2010
    ・熊谷晋一郎『「グルグル」と「爆発」をめぐる考察』精神看護; 通巻76号 111-118, 2010
    ・熊谷晋一郎『自分らしい身体性を探しながら』看護;62(5), 2010
    ・熊谷晋一郎『「ひろいあう」ということ』看護教育;51(4),292-295,2010
    ・熊谷晋一郎『街介護の可能性』看護学雑誌;73 (7) 11-14, 2009
    ・綾屋紗月・熊谷晋一郎『当事者本で発達障害を「体感」する』月刊ノーマライゼーション;331,52-53,2009
    ・綾屋紗月・熊谷晋一郎『「べてるの家」訪問記』精神看護; 12 (1) 77-85, 2009
    ・熊谷晋一郎・綾屋紗月『触れられるように触れる 触れるように触れられる―Abuseのない介助をめざして』看護学雑誌;72 (11) 936-942,2008
    ・熊谷晋一郎『身体介助に必要な「怯え」と「覚悟」―「介護されるプロ」,古武術介護を体験する』看護学雑誌;72 (7) 578-581, 2008
    ・熊谷晋一郎『技術との付き合い方:障害を持った医師として』STS Network JapanNewsLetter;14 (4),3-8,2003

    【著作】
    ・綾屋紗月・熊谷晋一郎『つながりの作法―同じでもなく、ちがうでもなく』NHK出版2010
    ・熊谷晋一郎『リハビリの夜』医学書院2009
    ・岡田慎一郎ほか『DVD+BOOK古武術介護実践編』医学書院2009
    ・綾屋紗月・熊谷晋一郎『発達障害当事者研究―ゆっくりていねいにつながりたい』医学書院2008
    ・川人博編『こんなふうに生きている ―東大生が出会った人々』花伝社2001
    ・殿岡翼編『学生生活を通して見えてきたもの-大学へ、そして若者たちへ-』全国障害学生支援センター2001

    【学会発表】
    ・熊谷晋一郎『協応構造と不確実性: 自由と痛みについて』身体運動、ユニバーサル・デザイン、アフォーダンス2011
    ・綾屋紗月・熊谷晋一郎『マイノリティの当事者研究』日本発達心理学会第22回大会2011
    ・熊谷晋一郎『現象としての肢体不自由と臨床動作法』日本リハビリテイション心理学会2010
    ・熊谷晋一郎『援助者の思い当事者の心』人間福祉学会 第11回大会2010
    ・ディグビー・タンタム・綾屋紗月・加藤敏・熊谷晋一郎『非言語からみたアスペルガー』第20回日本描画テスト・描画療法学会2010
    ・熊谷晋一郎『道具が手足になるには―自己決定と身体化の間にある矛盾』科学技術社会論学会 2010年次研究大会シンポジウム
    ・綾屋 紗月・熊谷 晋一郎『アスペルガー症候群の当事者研究』障害学会第4回大会2007
    ・熊谷晋一郎『動脈圧波形をもとにした連続的心拍出量測定法の小児への応用の妥当性』第41回小児循環器学会2005
    ・熊谷晋一郎『hANPの治療効果予測としてのFeNaの重要性』第41回小児循環器学会2005
    ・熊谷晋一郎『右心機能と水負荷/脱水に対する安定性』第41回小児循環器学会2005
    ・熊谷晋一郎『肺換気血流ミスマッチの定量化;先天心での有用性』第24回小児心機能研究会・第14回小児運動機能研究会合同研究会2004

    【ポスター発表】
    ・熊谷晋一郎『Fallot四徴症肺高血圧における肺動脈complianceの重要性とBDAの限界』第41回小児循環器学会2005
    ・熊谷晋一郎『新しい酸素化効率の指標―MATCH INDEXとTotal V/Q ratio―』第41回小児循環器学会2005
    ・熊谷晋一郎『 バソプレッシンによる医原性SIADHの報告─早期発見のための留意点─』第41回小児循環器学会2005
    ・熊谷晋一郎『肺高血圧の進展に及ぼすOscillatory Energyの影響』第38回小児循環器学会2002

    【対談】
    ・川口有美子・熊谷晋一郎『私のカラダを捨てないで』週刊医学界新聞第2868号,2010
    ・河本英夫・綾屋紗月・熊谷晋一郎『つながるための条件 発達障害から考える身体、言語、コミュニケーション』看護学雑誌( Vol.73 No.3)2009
    ・伏見憲明・綾屋紗月・熊谷晋一郎『発達障害当事者研究を読んで』精神看護( Vol.12 No.1) 2009

    【研究会・講演・シンポジウム】
    ・熊谷晋一郎『リハビリ医療と当事者視点』第19回高度先進リハビリテーション医学研究会2011
    ・熊谷晋一郎・綾屋紗月『明日に向かって自分を見つめよう』下目黒小学校学校保健委員会2011
    ・信田さよ子・上岡陽江・岩川大祐・熊谷晋一郎・綾屋紗月『痛みについて』ピアサポ祭り2011
    ・綾屋紗月・熊谷晋一郎・上岡陽江『つながりの作法』立川オリオン書房2011
    ・綾屋紗月・熊谷晋一郎『つながりの作法』ジュンク堂新宿店2011
    ・熊谷晋一郎・綾屋紗月『脳性まひの身体・自閉症の身体』東京大学LAP身体論講義2010
    ・熊谷晋一郎『障害に対する新しい視点に気づく~車椅子で診療する医師から見た障害~』Coup de Tech 2010
    ・熊谷晋一郎『脳性まひのリハビリテーション』川崎市障害福祉関係施設専門職員研修2010
    ・大澤真幸・熊谷晋一郎『「敗北の官能」から自由が立ち上がる』週刊医学界新聞第2904号2010
    ・綾屋紗月・熊谷晋一郎『教育と福祉』立教大学講義2010
    ・栗原房江・熊谷晋一郎『障害をもつ者として,教育と臨床現場の今後に期待すること』看護教育;51(10),878-884,2010
    ・信田さよ子・熊谷晋一郎・綾屋紗月『いちばん身近な関係こそ、「研究」に値する!』紀伊国屋書店・ジュンク堂池袋店2010
    ・熊谷晋一郎『痛みの当事者研究』第五回バリアフリーシンポジウム2010
    ・熊谷晋一郎『脳性まひのリハビリテーション』信州大学保健学科・保健学科同窓会公開講演会2010
    ・上岡陽江・熊谷晋一郎『ままならない身体』朝日カルチャーセンター2010
    ・熊谷晋一郎『リハビリテーションを問い直す』東大先端研キャンパス公開2010
    ・熊谷晋一郎『痛みの当事者研究』第1回コミュニケーションとリハビリテーションの現象学研究会2010
    ・熊谷晋一郎『脳性まひの身体と運動―イメージ、力学系、官能』第3回身体論研究会2010
    ・綾屋紗月・熊谷晋一郎『就労経験のある障害者として』大学移行支援ワークショップ2010
    ・熊谷晋一郎『車いす利用者の医師から見える医療福祉の倫理』大熊ゼミ2009
    ・綾屋紗月・熊谷晋一郎『感じる「身体」は発信する』朝日カルチャーセンター2009
    ・綾屋紗月・熊谷晋一郎『ゆっくりとていねいにつながりたい』浜松協働学舎親の会2009
    ・綾屋紗月・熊谷晋一郎『発達障害当事者研究』こころの健康フォーラムIN 流山2009
    ・綾屋紗月・熊谷晋一郎『発達障害当事者研究』縁を結ぶ会2009
    ・綾屋紗月・熊谷晋一郎『発達障害当事者研究×認知症研究』第21回認知症介護研究会2009
    ・綾屋紗月・熊谷晋一郎『発達障害当事者研究』朝日・大学パートナーズシンポジウム「発達障害とともに~学びをどう支えるか~」2009
    ・綾屋紗月・熊谷晋一郎『発達障害当事者研究』ピアサポ祭り2009
    ・綾屋紗月・熊谷晋一郎『発達障害×ジェンダー』第12回ジェンダーコロキアム2008
    ・第1回東京大学バリアフリーシンポジウム「高等教育とバリアフリー」パネルディスカッション2003
    ・障害者欠格条項をなくす会発足4周年記念企画「差別法(欠格条項)から、差別禁止法へ」パネルディスカッション2003
    ・第151回国会 厚生労働委員会 第23号2001